2012年04月20日

物の価値

久しぶりの工具ネタを書こうと思います(^−^)
工具を買おうとするとき、考えることがあります。それは、値段、耐久性、使用頻度、工具の精度を自分で見てわかる範囲で考えます。使用頻度があまりないのに値段が結構する物は仕事の道具というよりは趣味にちかくなってしまうからあまり買いません。前にもお話ししたように値段がもうちょっとリーズナブルな物でもいい工具はあるので使用頻度が少なめの工具に関してはそっちでも十分用がたります。
私たちみたいに毎日工具を使う商売でなおかつ使用頻度が多いものは、お金にいとめをつけず1番いい物を買いたいというのが私の考えです。
工具2 001.jpg
スナップオンのトルクスセット値段は¥13980です。この商品は永久保証なので先が駄目になったりしたら換えてくれます。ハーレーなどにはトルクスを結構使っているので使用頻度は多いと思います。この商品お値段高いと思いますか?
工具2 002.jpg
工具2 003.jpg
こちらはお客様が持ってきた駄目になった工具です。使用回数は1回目でこうなったそうです(^_^;)
値段はちょっとわかりませんがこれでは形がそっくりな置物みたいな感じにしかなりません。
私から見たらトータルで言ったらこっちの工具の方がよっぽど高い商品に思えます。
いい工具は大事に扱えば価値がすごい下がるものではありませんので財産になると思います。
10年後、もしお金に困って工具を売らないといけないときスナップオンのトルクスセットが¥10000で売れたら10年で¥3980かかったと同じことだと思います。耐久性のある工具を大事に扱えばもうちょっと価値が出るかもしれません>^_^<
バイクを買う時も同じことが言えると思います。値段だけで判断せず、タイヤの状態、チェーンの状態、パッド、エンジン、外装、距離などトータルでその価値が市場価格より安ければ150万だろうが200万でも安い商品だと思います。そして、それを大事に乗ることが価値を下げず節約になってくると私は考えます。10年後、お金に困ってバイクを手放さないといけない時が来た時、200万で買ったバイクが150万で売れれば10年で50万、状態がもっと良ければもうちょっとつくかも
(^−^)洗車もしない、オイル交換もしない、などでは100万で買っても10年後は30万にもならないかもしれませんね(^_^;)
結局何が言いたいかといいますと、節約な買い物をするには「目の前にある値段、ブランドだけではなく自分の目で見た良質な判断、的確な情報、使用頻度を考えたうえでの適正な価格で購入し、そして物を大事にする」ということがとっても重要なんだといろんなバイクや工具を見てきて思いました。
そして、目が肥えてきている方が多くなってくればおのずと技術大国日本は中国に負けずに景気が回復していくのではないかと思う今日この頃・・・信じるか信じないかはあなた次第(^_^;)
posted by A−GRANT GARAGE at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具

2011年03月08日

ジャーマニ― 工具!

今日は久しぶりの工具の話をします。今回ご紹介するのはHAZET(ハゼット)のコンビネーションです。
こうぐ 002.jpg

この工具はドイツ製なんですがあまりメジャーではないので知らない人は多いと思います。いい工具と言えばアメリカ製のスナップオン、マックツールは誰もが答えるメーカーだと思いますが、世界にはまだいっぱいいい工具はあります!私がそんな工具たちと出会ったのは東京のバイク屋で働いているときです。千葉にいるときはスナップオンのバンしか廻ってきていませんでしたが、さすが東京いろんなバンが廻ってきていました(^−^)スナップオン、マックはメッキがかかっていてとても綺麗ですがちょっと値段が(^_^;)しかし、このハゼットは値段もまだリーズナブルだし、しかも梨地そのままのこの武骨さが何ともかっこよく見えてきませんか?さわり心地もザラザラとしているので滑りません!私の予想ではドイツの職人のひげ生やしたおじちゃんがビール片手に最後の仕上げを手作業でジャーマニ―魂を注入して作っている工具だと思います(^_^;)
工具メーカーにも得意な工具そうでもない工具があると思うので、一つのメーカーで全部そろえるよりもいろんな所のいい工具でそろえた方がいいと思います。そんな私の工具箱の中はワールドワイドな感じになっています(^−^)もし見たい方がいましたら私の工具話と一緒にご説明します(^_^;)
posted by A−GRANT GARAGE at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具

2010年10月03日

思い出の工具

20101003205952.jpg

店舗も少しずつですが進んできて、工具などを運んでいるときに思い出の工具が出てきました。それは東京で働いていたときに先輩と交換してもらった寝板です。なぜ交換したかというと、そのときいた先輩方に教わったことでメカニックが辞める時1つ工具を交換するということです。それはたぶん一部の人だけしかやっていないと思いますがとても、いい儀式だと思います。なぜかというとその工具をみるとそのときの先輩や状況を走馬灯のように思い出します(^。^)y-.。o○メカニックにとって工具は一つ一つに思い出が詰まっています!「あ〜この工具であの車のあそこをなんとかゆるめたな〜」「あ〜この工具かっこいいけど全然使うとこないんだよな〜」など、お金がないときに少しの給料から高い工具を買うそれは宝物です。
その工具で皆様の宝のバイクをきっちり整備していきたいと思いますので宜しくお願いします(^−^)
工具は結構好きなのでちょいちょいまた、話をしていきたいと思います!ではまた!
posted by A−GRANT GARAGE at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 工具